日々是徒然http://wakanabox.hippy.jp/
一生思春期。

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
愛別離好 00:28


お気に入りの、あの食器も
箸が落ちただけでお腹を抱えて笑えた、あの時期も
くすぐったい、あの恋も
何度も読み返した、あの本も
次を待つ、あの時間も

大切なものは、簡単に消えていく。
些細で
間抜けで
しょうもない理由で。

それは、自分にとって
時に悲しく
時に望んだ
時に仕方のないことだったりする。

結果的にね。

だけど
大切なものを見つける度に、
今度こそは失いたくない。
なんて、思ったりする。

今度こそ。って。

でも、どんなに思っても
やっぱり
消えて失われていく。


そうやって、また大切なものを見つけていく。

骨董市に行ってみたり
憂いに酔ったり
体を刺すような恋をしたり
脳みそを掻き回される小説や
昨日にうっとりする時間や。

そういうもんでしょう。

そうして、その度に思うんだ。
これこそ。って。


ふふふ。
好いと思うな。そういうの。

愛しいものと離れる辛さは
愛しいものと出逢える喜び。

辛い、辛いと泣いてみたり
満ち、満ちと笑ってみたり
するけれど
何にしたって
愛しいものが在ってこそだから。

ふふふ。
わくわくするでしょ。

ワタシはあと、どんだけ泣いてどんだけ笑うんだろうって。
ワタシはあと、どんだけ愛しいものと出逢えるかしらって。

たぶん、きっと。
こんだけ余裕こいて
こんだけ言ってる自分にも
いつか
泣く日が来るのでしょうけどね。
ふふふ。


blogram投票ボタン
| とろん | comments(3) | trackbacks(0) | posted by wakana -
デラックス。 23:11


めくるめくデラックスな夜に行きましょう。

ハートの窓は開かない。
サッシの扉を小指で開けて。

めくるめく始まるデラックスに行きましょう。

blogram投票ボタン
| とろん | comments(1) | trackbacks(0) | posted by wakana -
ひみつ。 21:59


ひみつを
たくさん作りましょ。

誰にも教えない。
ワタシにも教えない。
自分だけのひみつを。

ないしょ話って、ドキドキしちゃうもの。

何でもいい。
オシロイバナが咲いたとか
飛行機雲が真っすぐだとか
窓に映った月が何処にあるとか

話したところでバレやしない。
自分の目だけのひみつ。
自分だけのひみつ。


blogram投票ボタン
| とろん | comments(3) | trackbacks(0) | posted by wakana -
彼女。 22:02


大学最後の夏休み。
数日間を一人の女性と二人っきりで過ごした。

それまで必死に、娘として、妻として、母として、祖母として
「なすべきこと」を糧として、喜びとして、苦労して生きてきた人。

そんな彼女が、どうして、あの時
ワタシの前でそれを忘れたんだろう。

苦労話には、何の同情も学びも必要としていなかった。
楽しい思い出話には、何の喪失感も老いの虚しさもなかった。

80過ぎの彼女は、ワタシの前で
女学生になり、看護婦になり、奥さんになり、お母さんになり、
なすべきことを終えて、やっと自由を手に入れたような
強く、優しく、美しい女性になった。

あの時の、驚きのような嬉しさ。
ワタシは忘れない。

彼女の人生において、
ワタシが巡り会えた偶然なんて、本当にささやかなものとなり。
ワタシのまだまだ短い人生において、
彼女と巡り会えた偶然は、もの凄い幸運になった。

ワタシより長く生きてるだとか
ワタシより苦労を知ってるだとか
そんなんじゃない。
彼女の生き方、そして今、こうやって語れる人間が本当に素敵だった。

80過ぎの彼女は、ワタシの前で
「おばあちゃん」ではなくなっていた。


二人っきりの日が終わった時から、
おばあちゃんは、何事もなかったように、おばあちゃんになった。

あれから、ワタシは今でも、時々あの「彼女」に逢える日を楽しみにしている。



昨日、届いた手紙は
孫を心配する「おばあちゃん」からのものだった。

古い日本語を、もう直さないおばあちゃんは、
ワタシを、もう幼くはない孫だと
自分自身を、弱い老人だと
語っているようで。

だけど、ワタシは知っている。
ワタシとおばあちゃんの、
いや、きっと
ワタシだけの、ひみつ。










blogram投票ボタン
| とろん | comments(6) | trackbacks(0) | posted by wakana -
イントゥ ザ ドア 00:28


めくる程に、その世界に入るのではなく
めくるそばから、その世界に入っている。

それを叶えてくれるのが、自分にとっての大切な本。

今週は、読み返し週間。
読み返すのに勇気が要る本、話のスジより匂いを記憶している本…
自分が「大切」だと思う本を読み返す。

不思議と、初めて読んだ時と同じ感動はなく
初めて読んだ、あの頃とはちょっと違う世界に入っていた。

初めてその世界に入った時、それは自分にとって新しい世界に思えた。
だけど、今
それは、自分の中にある沢山の扉の一つを開いて
その中に入り込んだような。
そう。それは高慢で自惚れのようなものだけど、
自分の世界に、改めて入ったような、
新鮮。驚き。震え。

大切な本の世界は、もうそのまま自分自身の世界に繋がっている。

初めて読んだ時の感動が、そこからの自分を作っていったのか
こういう自分だからこそ、その物語の世界に入れたのか
それはわからないけど。

ページをめくる以前に、その世界の扉は自分の中にあった。


たぶん。
自分が自分として、生きていく限り
大切な本は、大切なまま。
自分が時の流れに逆らわず、泳いだり、もがいだりしていく限り
大切な本は、読み返す度にまた新たな扉を開いてくれる。

大切な本
これからも一緒に居たいな。



blogram投票ボタン
| とろん | comments(3) | trackbacks(0) | posted by wakana -
うたた覚め。 00:11


なんだか眠たい一日で
たくさん夢をみた。

夢の中ではいろんな事が起こり過ぎた。
目覚めると、疲れてまた眠り
夢の中にはいると、また振り回され
それが終わると、また眠り
また幕が開かれた。

友だちの作った曲は本当にステキで、ワタシの髪の毛はくるくる回ってた。
アル中の男が聞かせてくれた唄は、仙人みたいだった。
途中まで読んで閉じた本は何処に置いた。
世界が終わる時、もの凄い光に覆われた。
窓の外では雷だった。
いくつか料理をして、一個は失敗したけど我慢して食べた。
友だちと階段を駆け下りて、何かから逃げ、コンビニに行った。
貰ったはずのパンは、戸棚の上から消えていた。
蛇になって蜷局をまいた友だちが、恋の相談を持ちかけた。
雨が所々、金色になった。

いろんな人に逢った気もするし、誰にも逢わなかった気もする。
雨が降った気もするし、ずっと夜だった気もする。


本当にもう、何が夢で本当なのか分からないまま。
次に寝たら、目覚めた世界は夢か、現実か
まぁ、どっちでもいいんです。
昨日に戻らず、明日が分からないなら。
寝るにしろ、働くにしろ
誰になるにしろ、何が起こるにしろ
やっぱりワタシは私なら、それでしかないってワケよ。


blogram投票ボタン
| とろん | comments(3) | trackbacks(0) | posted by wakana -
線香花火 23:22


『 せんこう花火が欲しいんです
  海へ行こうと 思います
  誰か せんこう花火を ください 』


いえいえ、
あの そんな、気持ちになる暇もなく、
線香花火は消えました。

独りぼっち?ノスタルジー?

線香花火が終わってしまうことにハラハラで
そんなもん、感じる余裕もなくってよ。

美しい花を咲かせようが、咲かせまいが。
涼しい雨を降らせようが、降らせまいが。

線香花火は、この手の中で点いて、消えてく。

見れるもんがあるならば、
見えなくなるまで 見ていましょ。

そういうことです。線香花火。





blogram投票ボタン
| とろん | comments(3) | trackbacks(0) | posted by wakana -
本日の散歩。 21:11


まず、ここで自分は外国人とする。

すれ違う言葉たちから意味は消える。
吹き流れる風は、この町のものになる。

見慣れなかった野菜や果物、今じゃ、いちいち立ち止まったりしないし
居酒屋の注文の仕方はまだ、分からないけど
見知らぬ国で
この小さな町は、すっかり自分の生活の場所となった。

トモダチと呼べる人も居ないけど
あんまり淋しくないのは
なんとなく
この町の人たちみんなも
自分と同じように見えるから。

いつか、自分の国に帰る時がくるのかな。
そもそも、自分の国は何処だっけ?
自分の国などあったっけ?


妄想が妄想じゃなくなるような
今ある現実が嘘っぽくなるような
そんな散歩みち。

blogram投票ボタン
| とろん | comments(3) | trackbacks(0) | posted by wakana -
お針子さんぽ 23:15


ちくちく ちくちく
お針子さんのさんぽです

夜は しんしん
雨は ざれざれ

ちくちく ちくちく
お針子さんには関係ないの

灯りは こうこう
お酌は とくとく

ちくちく ちくちく
お針子さんは止まらない

ちくちく ちくちく
お山を登って
お海をもぐり

ちくちく ちくちく
足あといっぱい つけたなら
今日はねんねこ
ねんねこりん








blogram投票ボタン
| とろん | comments(2) | trackbacks(0) | posted by wakana -
わかたま号デート 00:29


久しぶりに、青梅街道一直線。

湿った空気も、風にして。
排気ガスも、マイナスイオンに変えて。

働き蜂の渋滞も
アリンコのわかたま号にはツユシラズ。

スイスイ。スイスイ。
働き蜂さん、お先に失礼。

カーブの先に、見えた桃色の雲。
たどり着いたら、消えてしまった。

ちぇ。

今日はどんな日?
明日はこんな日。

お家に着いたら、
桃色の雲、ワタシの真上にあるでやんの。


blogram投票ボタン
| とろん | comments(3) | trackbacks(0) | posted by wakana -
| 1/4 | >>