日々是徒然http://wakanabox.hippy.jp/
一生思春期。

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
癪の種。 23:46


ひみつを作ると
血管が舞い上がって
頬の筋肉がきゅーっと盛り上がって
唇がフリルみたいに軽快な波打ちをして。


ひみつがスキ。
恥ずかしいけど嬉しい
鍵付きのアルバムを手に入れたようなひみつがスキ。

それなのに。

白血球がやたらに重くて働かない。
頬骨が圧迫される。
唇の柔さが憎い。


隠しごとはしんどい。
罪悪感などないけど
動かない時間に隔離されたような隠しごとはしんどい。



ひみつと隠しごと。
どうして。
どうして、隠しごとはひみつに出来ないんだろう。

無理矢理すれば自分が醜くなるだけで
時に任せたところで隔離部屋は暗く狭くなっていく。

ひみつと隠しごと。
全く違うものらしい。










blogram投票ボタン
| とぐろなおし | comments(2) | trackbacks(0) | posted by wakana -
禁じられた遊び 23:34


真剣に遊んでいるのか
ふざけて頑張っているのか

わからなくなる。

どちらが初めで
どこから入れ替わったんだろう。

現実があるから妄想は現れるのか
妄想が現実をそうみせるのか

わからなくなる。

どちらが初めで
いつから世界は出来てるんだろう。

ワタシが生きているからアナタに逢えたのか
アナタが居たからワタシは生まれたのか

わからなくなる。

どちらが初めで
誰から時間は始まっているんだろう。


この宇宙に世界は幾つあるんだろう。
この世界に宇宙は幾つあるんだろう。


「代わり」などない。
だけど、どんなに「代わり」などない世界に一つのものでも消えてしまえば
ワタシたちはやがて忘れていく。
ワタシたちは離れていく。
ワタシたちはそうしなくてはいけない。

「代わり」などない。
それでも、ワタシたちは「代わり」を見つけるのが上手。
「代わり」などない。
それが、最も大切なものとは限らない。
blogram投票ボタン
| とぐろなおし | comments(3) | trackbacks(0) | posted by wakana -
贅沢 01:11


どんなに幾つもの物語を読んでも
新しい本
次に主人公の話す台詞は、わからない。

どんなに幾つもの職場を渡り歩いても
新しい職場
どんな人とどんな会話が出来るのか、わからない。

どんなに幾つもの料理を知っても
新しい食事
どんな味で何が隠し味か、わからない。

どんなに何人もの人を知っても
新しい恋
どんな想いがどんな言葉になるのか、わからない。

どんなに何日もの日々を生きて来たところで
新しい今日
どんな出来事がどんな気持ちにさせるのか、わからない。



似たようなものはいくらでもある。
物語も職場も料理も恋も毎日も。
でも同じものはないから。
一瞬は、本当に一瞬で消えるから。
二度と同じものには出逢えないから。

だから、面白いのね。

歳も重ねるごとに、
新しいものとの出逢いは増えていくから。

だから、面白いのね。

知れば知るほど、
知らないことは増えていくから。


blogram投票ボタン
| とぐろなおし | comments(3) | trackbacks(0) | posted by wakana -
路頭 00:35




探検を楽しんでいるつもりが、いつの間にか彷徨っていた。

彷徨うことに困惑しているつもりが、いつの間にか探検にわくわくしてた。


行き着く所は一つだけ。
辿り着く所は、見えている。

そこに向かって、突っ走るか。
そこに余裕かまして、ぶらぶらするか。

どっちでも、いいのよ。

不安に恐れを抱いてみたり。
不安のぬくもりを感じてみたり。
幸せに悲しみを感じてみたり。
幸せに満ちる自分を感じてみたり。

なんだって、素敵だもの。

発芽も、蕾も、満開も、散り際も、朽ち果てるのも。
全てがあって、一つが成立。

それって、素敵だもの。

通勤も、帰省も、散歩も、旅も、探検も、彷徨いも。
自分が進んでいなきゃ成立しない。

それって、嬉しいことかしら。

なんだか、全てが愛しく。
なんだか、全てが切なく。
なんだか、全てが厳しく。
なんだか、全てを抱きしめたく。




blogram投票ボタン
| とぐろなおし | comments(6) | trackbacks(0) | posted by wakana -
ひかり。 14:16


一瞬。
ほんの数秒。

わかりきった雨に諦めることも知らず
わかりきった夜に望むものもなく

成り行き任せの夜と朝
成り行きに任せて交じり合う その時

突然に。
一瞬。
ほんの数秒。

大きな光が、夜も朝も奪った。
夕焼けとも朝焼けとも違う。

陰のないような
陰そのもののような
大きな大きな光。

成り行き任せの夜は帰ることを知りはじめた。
成り行き任せの朝は始まることを知りはじめた。

混沌としたものも、
全てに意思を持ち始めれば
全ての意図は一つに辿り着ける。





blogram投票ボタン
| とぐろなおし | comments(3) | trackbacks(0) | posted by wakana -
カマクラ 20:29


ようやく、
あの海に行ける。

ようやく。

でも、もうあの海はなかった。

季節の違いだけじゃない。
確かに、あの海は、あの波は、もうなかった。
あの時に置き去りにされたまま。
今になって、行けたところで会えるわけはなかった。

当たり前のこと。

どうして分からなかったんだろう。

ようやく?
決意なのか、勇気なのか、そんなものとは無関係に
あの海には二度と会えない。

忘れようと
避けようと
懐かしがろうと
恋しかろうと
あの海は、あの時に置かれたまま。

あの海に行けば…。

あの海にはもう会えないんだ。
あの海からあまりにワタシは歩き過ぎている。



blogram投票ボタン
| とぐろなおし | comments(3) | trackbacks(0) | posted by wakana -
無駄話 23:33


本当に必要なことなんて、何もないのかも知れない。

虚しさや、淋しさとは無関係に。
虚しさや、淋しさも無駄なものとして。

人間の誕生は、無駄の誕生。
無駄な改良
無駄な発展
無駄な加工
無駄な創造
無駄な戦争
無駄な破壊
無駄な正義

だけど。だから。
無駄なものを排除することなんて出来ない。
無駄の元に生まれ 無駄の中で生きている。

無駄な感情
無駄な想い
無駄な苦悩
無駄な快楽
無駄な時間

だから。
本当に必要なことは、無駄を愛すること。許すこと。

「無駄」は、恐れるものでも、恨むものでも、憐れむものでもない。
「無駄」は、慈しむもの。
「無駄」は、ひっそりと寄り添うもの。



生まれては消えていく
時間と命は似ている。

不必要な人間がないように
不必要な無駄もない。

ワタシは、もう、生まれてしまったんだ。
卑下ではなく、高慢でもなく。

たくさんの無駄を作ろう。
たくさんの無駄を求めよう。
たくさんの無駄を抱きしめよう。




blogram投票ボタン
| とぐろなおし | comments(5) | trackbacks(0) | posted by wakana -
宇宙 21:52


わか菜の宇宙。
その中心は、真っ黒なコロナ?ブラックホール?



左腕のホクロ。右太腿の大きなアザ。
自分の体が、自分のものである証拠。

どんなに容姿が醜くなっても
このわか菜マークだけは、絶対に美しいんだ。

blogram投票ボタン
| とぐろなおし | comments(3) | trackbacks(0) | posted by wakana -
楽園 00:54


私は、自分のことがさっぱり分からなくて
自分のことだけを見つめると
なんだか
宇宙のどろどろした穴に迷い込んでしまったような。
小さく、狭い悪循環から出られなくなってしまうような。
不安と恐怖で固められた雪だるまになってしまうような。

だから、自分独りにはならないようにする。
なるべく。なるべく。

それなりに、何年か生き。それ以上に、有り難い出会いをし。
教えてもらったのは、
自分を見つめるってことは、
自分を含めた周りを、自分を囲んでくれてるものをも
一緒に見つめてこそ、それが自分ってこと。


今の私。とてもラクチン。

自分のことなど、やっぱり分からないけど、
まわりの人たち、私以上に私を知ってくれている気がする。
みんな、同じようなことを言ってくれる。
みんな、私がどんななのか教えてくれる。

それは、勿論、嬉しい言葉だけじゃないし
理想とも違かったりする。
未来がちょっと不安になったりもする。

でも、やっぱり安心する。
自分自身を無視する必要がなくなったこと。
自分自身をほじくり返すような必要がないこと。

このままでいい。
なんて、思っちゃいない。
でも
このままじゃ駄目だ。
とも思わない。

自分の生きていく変化に、心を委ねていていいんだなって。
みんな、仏さんのようだ。


時は流れる。人も流れる。自分も流れる。

もしかしたら、
自分自身が、世の中で生きる私を苦しめるものになるかも知れない。
だけど、そうなっても
自分が、今のような楽園で生きているなら、
そんなのは、仏さん達のオナラみたいなもの。

自分自身が、私を生きること。
ラクチンって感じられる。
それが、楽園。




blogram投票ボタン
| とぐろなおし | comments(3) | trackbacks(0) | posted by wakana -
痛い女 15:45


タイ土産のこの髪も、そろそろ限界がせまる。
エクステから地毛がぴょんぴょん。
洗った翌日は、部屋干しした洗濯物の臭いがする。

タイで出逢った、韓国人のソナちゃんは
髪は女の命だと教えてくれたけど
この女は、相当重く、柔肌に痛い。
その上、常に湿っぽい。

それは、目指す女とは随分違うので、
そろそろ、オサラバ。

blogram投票ボタン
| とぐろなおし | comments(7) | trackbacks(0) | posted by wakana -
| 1/5 | >>