日々是徒然http://wakanabox.hippy.jp/
一生思春期。

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
2015 快風 16:49


  鳴かぬなら 私が鳴こう ホトトギス


歴史の時間、思いついたこの詩は
案外長いこと自分の中で息づいている。

本音を言えば、
世界中に、自分自身にお天道さんからの快風を願う。
良い方に、より良い方向に
世界を、自分を押して欲しい。
だけど、願って願って、それでも。

快風が吹かないならば
諦めることなく、待つことなく、恨むことなく
私が、その求める快風ってやつを吹くんだ。

そう、思います。

新しい年、これから出逢う毎日。
世界に、世の中に、愛する人たちに、そして自分自身に、
願う風を、まずはひとつ、我が身から生むことができますように。

もっと強くなってから。もっと優しくなってから。
お天道さんに願いがあるなら、そんな努力を精一杯してから。

そんなことが今は、
新しい課題に思えます。


どうぞ、世界中の人たちみんなが
快風を吹き、快風を浴びて
道を歩いていけますように。


2015
謹賀新年◎


 
blogram投票ボタン
| きせつうた | comments(0) | - | posted by wakana -
ツタ 22:24



這いつくばる。
居座る。
吸いとる。
愛惜する。
染める。
奪う。
絡み付く。
哀願する。
縛る。
愛顧する。

そうして生きる。

無遠慮に。



blogram投票ボタン
| きせつうた | comments(2) | trackbacks(0) | posted by wakana -
高円寺フェス!解熱フェス!代々木フェス! 15:45


昨夜。
製氷機にワタシはなった。

体の奥から氷がどこどこ造られていく。
ドコドコ ドコドコ
ロックアイスみたいなデカイやつ。
時には
何処かのハンバーガー屋さんみたいな細かくカチカチしてるやつ。
とにかく、ドコドコ ドコドコ

溜まったと思うと、
アイスピックでドーン。
鋭く、短く、重たいアイスピック。
ドーン
割られる。

きっと、パーティーがあるんだ。
だから、急いで氷を造らなきゃいけない。

そうなんだ。



25,26日、12:00~19:00
高円寺フェスのイベントの一つに参加展示してます。
場所は「まちの駅」。純情商店街のそば。
ワタシの写真は三枚だけだけど、他にも写真や絵も展示されてます。
何より、街総出のイベント!大道芸やライヴもあるとか。
遊びに行きませう。

26日。代々木公園。
アースガーデン内、楽市楽座に出店します。
都心で見る、ワタシの写真もいいものです。
おいでくださいまし。


そして、ワタシは解熱フェス!
解熱!解熱!
解熱!解熱!
我ら、回復の民!
我らに自然治癒力を!
もっと もっと 強い治癒力を!
解熱!解熱!
我ら、回復の民!




blogram投票ボタン
| きせつうた | comments(3) | trackbacks(0) | posted by wakana -
冬仕度 00:06


暑い季節はスキ。
たくさんの音が聞ける気がする。
たくさんの色が見える気がする。

寒い季節はスキ。
余計な音が消える気がする。
余計な色が消える気がする。

暖かい季節と涼しい季節はスキ。
聞こえる音がちゃんと聞こえる。
見える色がちゃんと見える。

だから、一年中。
スキ。

でも、寒さにワタシの体は弱い。
震える。動かなくなる。小さくなる。固くなる。
悲しいことが痛い。
怖いことが鋭い。

せっかくスキなのに。

せっかくスキなのに
自分を憎んでいたんじゃ勿体ない。


コントロール。

自己調整。

自分騙し。

準備期間。

なんでもいい。

スキなら、感じたい。

スキなら、自分を全開したい。

だけど、このワタシにはその為の準備が必要。

たぶん。
もうすぐ準備は終わる。

たぶん。
もうすぐ冬に逢う。



blogram投票ボタン
| きせつうた | comments(5) | trackbacks(0) | posted by wakana -
蛇女 23:38


ええ、ワタシは蛇が好きだから。
構わないんだけどね。

鉄兵さんは、公園仲間を続々と絵にしていく。
愛に風刺を込めて?
いや、風刺に愛を持って。

鉄兵さんにはワタシが蛇に見えるらしい。

光栄だね。

しなしなと、
しぶとく、
しめしめと、
しらじらと、
しなと、
蛇のように生きていきたいものです。

ありがとう。鉄兵さん。



blogram投票ボタン
| きせつうた | comments(4) | trackbacks(0) | posted by wakana -
ベコニア娘 04:46


ピンク色のベコニアに
お早う。と起こされた朝。

恥ずかしいけど、嬉しくて
嬉しいことが、恥ずかしくて

朝一のニヤニヤを
布団の上で迎えてみる。


楽しいことなんて、要らないよ。
こんな日は。

楽しいことなんて、なくっても平気だよ。
こんな日は。

ニヤニヤ
ニヤニヤ
素晴らしい一日のはじまり。
blogram投票ボタン
| きせつうた | comments(2) | trackbacks(0) | posted by wakana -
三男坊。 20:49


長男、次男をやっとこさ、家から出したのも、つかの間。

やっぱりね。
母さん、二人も急に居なくなったら淋しいじゃない。

鳴かぬなら ワタシが唄おう ホトトギス。

産んでやろうじゃないか。
早々、三男、出産です。

この子も、幾日とせず、この家を出て行くでしょう。
絵の具と薬の舞う場所へ
この子も、みんなに優しくあるように。

ええじゃないか。ええじゃないか。

産みの母は、幾日たっても母は母。
山小屋のようなこの部屋で
母さんは、ちいさな灯火を大切にしています。



blogram投票ボタン
| きせつうた | comments(2) | trackbacks(0) | posted by wakana -
巣立ち 23:34


子どもを産んだと思ったら、
手元を離れていくのはあっという間で。

ちょっぴり淋しいけれど、
いや確かに淋しいけれど、
淋しさで、喜びを誇りを、忘れてしまうのは一番哀れだと、母は想うんです。

ひとり、何処かへ発ち
行き着こうが、流れ歩こうが、
ワタシの出逢えなかった人に愛され
ワタシの知らない人にワタシにはないものを貰い
ワタシにはなかった道を歩いてく
そんな子を産めたなんて、自分で自分が羨ましいくらい。

アナタはワタシから産まれました。
アナタはワタシがいなきゃ、ここには居ないのよ。
それは、紛れもない本当。

アナタはアナタを生きる。
アナタの居場所はアナタが見つける。
それは、紛れもない現実。

勿論、いつでも戻って来なさい。
勿論、いつでも助けを求めなさい。
でも、それは、アナタがワタシに手を差し伸べるなら。
でも、それは、アナタが自分の産まれた場所を必要とするなら。


鍋掴み家族、巣立ちに時です。
長男は、戦場へ。
次男は、暖かな家庭に。

終着点か、経過点か。
それは、ワタシもわからない。
それは、アナタが決めること。
流れ、流され、アナタが決めることだから。

何処であろうと構わない。
アナタが生きやすい場所で生きて行くなら。

行きなさい。



blogram投票ボタン
| きせつうた | comments(3) | trackbacks(0) | posted by wakana -
恋人写真。 23:25


そのむかし。
ヤキモチの思い出。

そのむかし。
好きな人とワタシは写真を見てた。
彼の昔の写真。
その中には、昔の恋人と一緒の写真なんかもあって、
昔した恋の話なんかを興味津々で聞いていた。

だけど、その中に一つ。
当時、彼女が撮った彼の写真。

名前を彼女の名前で呼ばれても
部屋には彼女から貰ったものが飾られていても
何にも
ホントに平気だったのに。

彼女が撮った彼の写真。

彼女の目に映った彼の姿。
彼の彼女にみせる姿。
彼女の彼への視線。

写真に収められた過去が、どっと迫ってくる感じ。
過去は過去になっても、写真の中でしっかり存在してて
対象のないヤキモチにワタシは困惑。

なつかしいね。
そのむかし。
ヤキモチの思い出。



今日。友だちの彼女が何気なく見せてくれた彼の写真には
二人で一緒の写真なんて一枚もなくて、
だからこそ、そこには他人の入れない二人がいて。

なんだか、すごくドキドキして。
なんだか、すごくニヤニヤして。

いつも、ワタシは見てる二人なんだけど、
ワタシには見れない二人が見えた気がして。
恥ずかしくって。
嬉しくって。

あぁ。
また。この二人。
いいな。って。
好きだな。って。

そんなこんなで、今日はとても暖かい日。




blogram投票ボタン
| きせつうた | comments(4) | trackbacks(0) | posted by wakana -
帰る場所。 23:09


幸せの黄色い カラス避け
たくさん棚引く家に、ワタシの家族は生きている。



空が、町よりも大きな
田んぼが、家よりも広い
真っ当な場所でワタシは育った。

娘を愛し
孫を可愛がる
真っ当な家族の中でワタシは育った。



どうして、ワタシはここを離れたのだろう。
どうして、ワタシはここに戻らないのだろう。
帰る度に思う。

けれども、いつの間にか
迷うことなく
トーキョーに帰り
トーキョーに戻る。

目的なくしては虚しいだけの、この場所に。
自分を見失っては死んでしまう、この場所に。

たぶん、それが
今の自分の真っ当なのだろう。


ワタシは贅沢なヤツだ。幸せなヤツだ。
ワタシには帰る場所がある。
東北の小さな町と
東京の小さな町と。



blogram投票ボタン
| きせつうた | comments(5) | trackbacks(0) | posted by wakana -
| 1/4 | >>